小顔矯正の間違った認識?その真相とは

query_builder 2024/06/06 成城学園 祖師ヶ谷大蔵 小顔

小顔矯正の流行と共に、その悪影響について話題になっていますが、はたしてその真偽は?本記事では小顔矯正のメリット・デメリットについて分析し、それによって小顔矯正をやめた方が良いのかを考察します。

Nonon(ののん)

ロゴ

眼の疲れ、肩こり、姿勢の調整などに効果が期待できる瞑想シータヘッドスパとストレッチで世田谷区のお客様の身体をケアしています。脳波をシータ波状態に導いて脳を落ち着かせ、疲れをリセットします。

Nonon(ののん)
住所:

〒157-0073

東京都世田谷区砧6-3-12

サンハイツ102

電話番号:
090-2676-1213

小顔矯正とは

最初に小顔矯正について概略を把握するため、その基本的な理念と導入の背景について解説します。

小顔矯正の基本的な理念

小顔矯正の基本的な理念は、従来の美容技術では物足りなさを感じる方向けに考案されました。顔のパーツや筋肉のバランスを整え、より小顔効果を得ることを目指しています。プロの施術者が独自の手法やマッサージを駆使し、顔の筋肉を的確にほぐして血流を改善することで、むくみやたるみを改善する効果が期待されます。また、小顔矯正は顔の骨格や筋肉を意識的に使うことで、顔のラインや輪郭を整えます。これによって、芸能人やモデルのようなシャープな印象を演出できるとされています。小顔矯正の基本的な理念は、自分の顔をより美しく見せるための美容技術であり、その効果を実感することで自信を持つことができるとされています。ただし、個人の体質や条件によって効果の出方は異なるため、自身の目的や希望にあわせて施術を受けることが重要です。

小顔矯正が普及した背景

小顔矯正が急速に普及したのには、多くの人々が小顔美を求める世の中の流れが大きく関わっています。近年、美容や健康に対する意識が高まっており、多くの人々が自分自身の魅力を最大限に引き出したいと考えています。そんな中で小顔矯正は、顔の印象を大きく左右するため、その効果に期待する声が高まりました。

また、SNSやメディアの影響も小顔矯正の普及に一役買っています。インスタグラムやYouTubeなどでは、美容に関する情報が簡単に手に入り、多くの人々が美の目標を持つことが一般的になってきました。さらに、芸能人やインフルエンサーが小顔矯正の効果を実感し、その体験を発信することで、一気に注目を浴びました。

また、小顔矯正の技術の進化も普及の要因です。従来の美容技術では顔の筋肉にアプローチすることが難しく、小顔効果が期待できる施術は限られていました。しかし、最新の小顔矯正は、特殊な手法や機器を用いることでより効果的な施術が可能となりました。これにより、より多くの人々が小顔矯正の効果を実感し、口コミや評判を通じて広まりました。

しかし、小顔矯正の普及に伴い、悪質な施術や施術者の技術力によるトラブルも発生しています。そのため、小顔矯正を検討する際には、信頼できる施術者を選ぶことが重要です。口コミや評判、実績などを確認し、自身の目的や体質に合った施術を選ぶことが、安心して小顔矯正を受けるためのポイントとなります。

小顔矯正の効果

次に、小顔矯正が具体的にどのような効果をもたらすのかについて説明します。

顔のむくみ解消

顔のむくみ解消は、小顔矯正の主要な効果の一つです。むくんだ顔は、顔全体の印象をだらしなく見せてしまいますが、小顔矯正はその解消に効果的と言われています。

顔のむくみは様々な要因によって引き起こされます。日常の生活習慣や食生活、ストレスなどが原因となり、顔のリンパや血流が滞り、余分な水分や老廃物が溜まってしまいます。これによって顔がむくんで見えるのです。

小顔矯正では、施術者が的確なマッサージや特殊な手技を用いることで、顔の筋肉をほぐし、血流を改善することが目指されます。このマッサージによって、リンパの流れがスムーズになり、血液の循環も促進されます。すると、余分な水分や老廃物が排出され、顔のむくみが解消されるとされています。

ただし、個人の体質や状態によってむくみの解消効果は異なる場合もあります。また、施術の回数や継続的なケアも重要です。一度の施術だけでは完全にむくみが解消されるわけではなく、定期的に施術を受けることで効果を実感することができます。

さらに、顔のむくみ解消効果には個人差があるため、効果を持続させるためには日常的な生活習慣の見直しも重要です。バランスのとれた食事や十分な睡眠、適度な運動などを取り入れることで、顔のむくみを予防することができます。

小顔矯正によって顔のむくみが解消されると、顔全体が引き締まり、シャープな印象が得られるとされています。顔のむくみに悩んでいる方にとっては、小顔矯正は一つの解決策となるかもしれません。ただし、施術を受ける際には信頼できる施術者を選び、自身の体質や目的に合った施術を受けることが大切です。

フェイスラインの改善

小顔矯正のもう一つの効果として、フェイスラインの改善が挙げられます。フェイスラインとは、顎から耳にかけてのラインのことで、シャープで引き締まったフェイスラインは小顔効果をより際立たせるポイントです。

小顔矯正では、特殊な手法や技術を用いて顔の筋肉にアプローチします。施術者が指や手を使って顔の筋肉を正確に刺激し、緊張させることで、フェイスラインの引き締め効果が期待できます。また、施術には特殊な機器やマッサージ法も活用されます。これによって、顔のたるみやゆるみを改善し、フェイスラインを美しく整えることができるとされています。

フェイスラインの改善効果は個人によって異なる場合があります。骨格や筋肉の状態、年齢などによっても効果の出方は変わってきます。そのため、一度の施術だけで完全にフェイスラインが変わるわけではありません。継続的に施術を受けることで、より効果を実感することができます。

ただし、フェイスラインの改善効果を持続させるためには、日常の生活習慣やケア方法の見直しが必要です。バランスのとれた食事や適度な運動、顔の筋肉を意識したエクササイズなどを取り入れることで、フェイスラインの引き締めをサポートすることができます。

フェイスラインの改善効果を求める方にとって、小顔矯正は魅力的な選択肢となるでしょう。しかし、施術を受ける際には信頼できる施術者を選び、自身の目的や体質に合った施術を受けることが大切です。フェイスラインの改善を目指すなら、小顔矯正を適切に活用し、日常のケアを継続することが成功への鍵となります。

小顔矯正のデメリット

一方で、小顔矯正は特殊な技術を用いるため個々によってはデメリットを感じることもあります。

痛みを伴うことがある

小顔矯正には、痛みを伴うことがあるというデメリットがあります。施術中に顔の筋肉を強くほぐすため、一部の方は痛みを感じることがあります。

痛みを伴う理由は、顔の筋肉に施術者が力を加えることで緊張が生じるためです。特に緊張しやすい部位や筋肉が硬い部分に施術が集中することで、痛みを感じる可能性が高まります。ただし、痛みの感じ方や耐性は個人によって異なるため、全ての方が同じように痛みを感じるわけではありません。

痛みが感じられる場合でも、施術者には適切な技術や配慮が求められます。痛みが強すぎる場合や不快感を感じる場合は、施術者にその旨を伝えることが大切です。施術者は痛みの強さや感じ方に合わせて施術内容を調整し、より快適な施術を提供する努力をするべきです。

痛みを伴うことがあるというデメリットを考慮する上で、自身の痛みの耐性や施術への適性を考えることが重要です。痛みに敏感な方や痛みを避けたい方にとっては、小顔矯正は向いていない場合もあります。その場合には、他の美容方法を選択することが適切かもしれません。

痛みを伴うことがあるデメリットにも関わらず、小顔矯正を選ぶ理由としては、その効果や目的に対する期待が大きいからです。痛みを伴うことに耐えることで、より小顔効果や美容効果を得られると考える方も多いのです。ただし、自身の状態や体質に合わせて施術を受けることが大切です。

効果の出方が個人差がある

小顔矯正のもう一つのデメリットとして、効果の出方が個人差があるという点が挙げられます。小顔矯正は、個々の体質や状態によって効果が異なるため、全ての方が同じような効果を得られるわけではありません。

効果の出方には、骨格や筋肉の状態、年齢、生活習慣などが影響を与えます。例えば、顔の筋肉が硬い場合や顔の骨格が特に変形している場合は、一回の施術だけでは劇的な効果を感じづらいこともあります。また、不規則な生活習慣や食生活が顔のむくみやたるみの原因となっている場合は、施術だけでは持続的な効果を得ることが難しい場合もあります。

個人差があるため、小顔矯正を受ける際にはリアリスティックな目標を持つことが重要です。施術を受ける前には、施術者としっかりと相談し、自身の目的や希望を伝えることが大切です。施術後には、自身の状態や変化を客観的に観察し、効果を確認することも重要です。

効果の出方が個人差があるというデメリットを考慮する上で、小顔矯正以外の美容方法やケア方法も検討することがおすすめです。例えば、自宅でできる小顔マッサージや美容液を活用することで、日常的に小顔効果をサポートすることができます。また、バランスのとれた食事や適度な運動、睡眠などの改善も重要な要素です。

効果の出方は個人差があるというデメリットを踏まえながらも、小顔矯正に期待を寄せる人々は多くいます。そのため、自身の体質や状態を理解し、施術内容や回数を適切に調整することで、より効果的な施術を受けることができるでしょう。

小顔矯正をやめた方がいいケース

それでは具体的に小顔矯正をやめた方が良いケースについて見てみましょう。

敏感肌の方

小顔矯正を考える際には、敏感肌の方にも注意が必要です。小顔矯正は施術中に顔に直接触れるため、敏感肌の方は肌トラブルを引き起こす可能性があります。

敏感肌は、肌のバリア機能が低下しているため、外部刺激に対して過敏な反応を示すことがあります。特に顔の肌はデリケートな部分であり、刺激による炎症やかぶれなどのトラブルが起こりやすいです。

小顔矯正の施術は、力を加えたりマッサージすることがあります。これによって、敏感肌の方にとっては肌に負担がかかる可能性があります。例えば、施術中に摩擦が生じたり、使用するオイルや化粧品に肌が反応したりすることがあります。

このような理由から、敏感肌の方は小顔矯正を受ける際には特に注意が必要です。まずは施術者に自身の肌の状態やトラブルの傾向を伝えることが重要です。施術者はそれに合わせて適切な施術方法や使用するアイテムを選択するべきです。

また、敏感肌の方は施術後のケアも重要です。施術後に肌トラブルが起きることもあるため、施術後の肌の状態を観察し、必要に応じて保湿やクールダウンなどのケアを行うことが大切です。

敏感肌の方が小顔矯正を受ける際には、施術者の技術や経験も重要な要素となります。信頼できる施術者を選ぶことで、肌トラブルリスクを最小限に抑えることができます。

小顔矯正は美容効果が期待できる施術ですが、敏感肌の方には注意が必要です。自身の肌の状態やトラブルの傾向を理解し、施術者のアドバイスを受けながら施術を適切に受けることが大切です。

痛みに弱い方

小顔矯正を検討する際、痛みに弱い方にも注意が必要です。既述の通り、小顔矯正は一部で痛みを伴うことがあります。施術中に力を加えたり、顔の筋肉をほぐすためのマッサージを行うことで、痛みを感じる場合があります。

痛みに弱い方は、小顔矯正の施術中に不快感を感じることがあるかもしれません。施術中の痛みによってストレスを感じることは、その後の施術へのモチベーションや快適さに影響を及ぼす可能性があります。

また、痛みへの耐性は個人によって異なるため、同じ施術でも感じ方や痛みの強さは異なることがあります。同じ施術を受ける方でも、痛みを感じにくい方や感じやすい方といった個人差が存在します。

痛みに弱い方が小顔矯正を検討する際には、施術者との十分なコミュニケーションが重要です。自身が痛みに対してどのような感じ方をするのか、どの程度の痛みが許容範囲なのかを明確に伝えることが必要です。施術者はその情報に基づき、施術内容を調整することで、痛みを最小限に抑えた施術を提供できるでしょう。

また、痛みへの配慮だけでなく、痛みを和らげるための施術方法やアイテムを使用することも重要です。施術者には痛みに弱い方に対する適切な施術方法やオプションを提案する役割が求められます。

痛みに弱い方が小顔矯正を受ける場合、自身の状態や感覚に合わせた施術を受けることが大切です。痛みへの耐性や痛みの感じ方は個人によって異なるため、施術者とのコミュニケーションを通じて不快感を最小限に抑えた施術を受けることが重要です。

小顔矯正を受ける際の注意点

「小顔矯正をやめた方がいい」とは一概には言えず、注意点を把握し自己判断することが大切です。

施術者の技術力

小顔矯正を受ける際には、施術者の技術力が非常に重要です。小顔矯正は繊細な施術技術や正確な手法が求められるため、施術者の技術力は結果に直結します。

施術者の技術力が高ければ、より効果的な施術が受けられると言えます。顔の筋肉や組織を正確にマッサージすることで、血流やリンパの流れを促進し、むくみやたるみの解消を目指します。施術者は顔の形態や筋肉の特徴を把握し、適切な手法を用いることで、最大の効果を引き出せるのです。

施術者の技術力を判断する方法の一つは、実績や評判を確認することです。施術を受ける前に施術者の経験や実績を調べたり、他の利用者の口コミや評価を参考にしたりすることが重要です。信頼できるサロンや施術院を選ぶことで、より高い技術力を持つ施術者に出会うことができるでしょう。

また、施術者との相性も重要な要素です。施術者とのコミュニケーションや信頼関係があることで、自分自身の希望や不安を十分に伝えることができます。施術者は個々の状態や要望に合わせた施術プランを提案し、技術力を最大限に活かすことができるのです。

施術者の技術力を重視するだけでなく、信頼できる施術者が所属するサロンや施術院も選ぶポイントです。施術院の雰囲気や清潔感、施術方法の説明なども重要な判断基準となります。信頼性の高い施術環境や設備、または施術者の厳しい指導を受けるサロンや施術院を選ぶことで、安心して施術を受けることができるでしょう。

施術者の技術力は小顔矯正の結果に大きく関わる重要な要素です。高い技術力を持つ施術者による施術を選ぶことで、より効果的な施術を受けることができます。施術者の実績や評判、施術環境などをチェックしながら、信頼できる施術者を見つけることが大切です。

自己判断を重視

小顔矯正を検討する際には、自己判断を重視することも重要です。施術者の技術力や施術環境は大切ですが、最終的な判断は自身の体質や条件に基づくべきです。

自己判断を重視することで、自身の目的や希望に合わせた施術を選ぶことができます。小顔矯正は個人の状態や体質によって効果の出方が異なるため、自身の目標に合った施術方法やプランを選択することが重要です。施術者との相談やカウンセリングを通じて、自身の状態や要望をしっかりと伝えることが必要です。

また、自己判断を重視することで、施術のタイミングや頻度を適切に決定することもできます。一度の施術だけで効果が持続するわけではないため、定期的なケアやメンテナンスが必要です。自身の体調や肌の状態を見極めながら、必要な時に施術を受けることで、効果的な結果を得ることができます。

自己判断を重視することは、小顔矯正以外の美容方法やケア方法も検討することを意味します。小顔矯正は一つの選択肢ですが、他にも自宅でできるマッサージや美容液の活用など、自分自身に合った美容方法を探求することが大切です。他の方法との組み合わせや、自己ケアとのバランスも考えながら、自身の美容ルーティンを見つけることが重要です。

最終的な判断は自己判断を重視することで、より満足度の高い結果を得ることができます。施術者のアドバイスや意見を参考にしながら、自分自身に何が最も合うかを見極めていきましょう。小顔矯正は一つの手段であり、自己の美容目標を達成するためのツールの一つに過ぎません。

小顔矯正以外の美容方法

ここでは、小顔矯正以外の美容術について紹介します。

自宅でできるマッサージ

自宅でできるマッサージは、小顔矯正の効果的な補完法として知られています。日常的に行うことで、小顔効果をサポートすることができます。

自宅でできるマッサージの一つは、顔のリンパを流すことです。清潔な手指で顔全体を優しくさすることで、リンパの流れをスムーズにする効果があります。特に顔のむくみやたるみを解消したい場合に効果的です。さらに、化粧水や美容液を使用しながらマッサージを行うことで、保湿効果や栄養補給効果を高めることができます。

また、顔の筋肉をほぐすストレッチや筋トレも有効です。たとえば、まずは目を大きく開けたり、口をパクパクと動かしたりする顔のエクササイズを行うことで、表情筋を鍛えることができます。顔の筋肉を適度に刺激することで、フェイスラインの引き締めや小顔効果が期待できます。

さらに、指を使って顔の筋肉を揉みほぐすマッサージも効果的です。顔の各部位に対して、指を使って円を描くように優しくマッサージすることで、血流やリンパの流れを促進させることができます。

自宅でできるマッサージは手軽で簡単に実践することができます。特に日常のスキンケアルーティンに取り入れやすく、効果を感じやすい方法です。ただし、正しいマッサージ法や圧のかけ方を意識することが重要です。無理な力を加えたり、肌を傷つけるようなことは避けるべきです。

自宅でできるマッサージは、小顔矯正の施術と相乗効果を得るための有効な手段です。ただし、自己の肌の状態やトラブルに合わせた方法を選び、適度な力加減とケアの継続を心掛けることが大切です。毎日のスキンケアと合わせて、自宅でのマッサージを取り入れることで、より効果的な小顔効果を得ることができるでしょう。

美容液やパックの活用

自宅での美容ケアの一環として、美容液やパックの活用もおすすめです。美容液やパックは、小顔矯正と相性の良いアイテムであり、小顔効果を強化するために役立ちます。

美容液は、肌に栄養を与える効果があります。小顔矯正と並行して美容液を使用することで、肌の潤いやハリを保ちつつ、小顔効果を高めることができます。美容液を顔全体に均等になじませるだけでなく、特にむくみやたるみが気になる部分に重点的に使用することも効果的です。

また、パックも小顔効果をサポートするアイテムです。特にフェイスマスクパックは、肌に潤いを与えながら顔の形状を整える働きがあります。顔に密着させて一定時間置くことで、肌に水分や栄養を浸透させることができます。定期的なパック使用によって、肌のトーンを均一に整え、フェイスラインの引き締め効果を得ることができます。

美容液やパックの活用には、効果的な使用方法があります。まずは自身の肌の状態やトラブルに合わせた美容液やパックを選ぶことが重要です。また、使用する前には肌をきちんと清潔にし、美容液を浸透しやすい状態に整えることが必要です。さらに、使用する頻度や時間にも注意し、付属の説明書を参考に適切な使い方を守ることが大切です。

美容液やパックの活用は、自宅で手軽に実践できる小顔矯正の補完的な手段です。正しい使い方と継続的なケアを心掛けることで、小顔効果をより効果的に実感することができます。自宅での美容ケアの一環として美容液やパックを取り入れ、小顔矯正の効果を最大限に引き出しましょう。

まとめ

今回は、小顔矯正についてそのメリット、デメリット、留意点等について解説しました。

自身の体質・条件にあわせて

小顔矯正を検討する際には、自身の体質や条件に合わせて施術を受けることが大切です。個人の体質や状態によって効果の出方や受け取り方は異なるため、一概に効果があるかどうかを判断することは難しいです。

まず、自身の体質について理解することが重要です。肌質や敏感肌かどうか、体調や健康状態、また過去のアレルギーや肌トラブルの経験などを考慮しましょう。肌や体に負担をかけることが懸念される場合には、適切な施術方法やアイテムを選択することが必要です。

さらに、自身の条件も考慮に入れる必要があります。予算や時間的な制約、通うことができる施術院の場所など、実際に施術を受けるにあたっての制約事項を把握しましょう。施術の頻度や回数、お持ちのアイテムやケアグッズの活用方法などを的確に決定することが大切です。

その他にも、自分自身の希望や目標も忘れてはいけません。なぜ小顔矯正を受けたいのか、どのような効果を期待しているのかを明確にしましょう。それに合わせて、効果やリスク、手間といった要素をバランス良く考慮することが重要です。

小顔矯正は個人の体質や条件によって効果や受け取り方が異なる美容方法です。自身の体質や条件を理解し、肌や体への負担を最小限に抑えながら、自己の目的や希望に合った施術を選択することが大切です。施術者やサロンとのコミュニケーションを通じて、自身の体質や条件に合わせた最適なオプションを選びましょう。

良い結果を得るために

小顔矯正から良い結果を得るためには、いくつかのポイントに注意することが重要です。以下に、良い結果を得るためのポイントをいくつか紹介します。

まず一つ目は、施術者の選択です。信頼できる施術者を選ぶことで、安心して施術を受けることができます。実績や評判を確認し、施術者の技術力や経験をチェックしましょう。施術者との相性やコミュニケーションも重要です。自身の要望や状態をしっかりと伝え、共有できる施術者を見つけることが大切です。

二つ目は、施術の継続です。施術を一度受けただけでは効果を実感することは難しい場合があります。施術の回数や頻度を適切に設定し、定期的なケアを行うことが重要です。施術の効果が持続するように、施術後のケアや自宅でのケアも行うことが良い結果を得るために不可欠です。

また、自己の体調や肌の状態に合わせた施術を受けることも大切です。体調が万全ではない時や肌にトラブルがある時には、施術を控えるか適度に間隔をあけることが良い結果への近道です。自身の体や肌への負担や適応状況を理解し、施術のタイミングを適切に決定しましょう。

最後に、リアルな目標設定も重要です。すぐに劇的な変化を期待せず、リアルな目標を持つことが大切です。思い描いている効果や理想と現実との差に落胆しないように、自身の体験や効果を客観的に観察しましょう。自分に合った美容方法を長期的に継続することで、良い結果を得ることができます。

良い結果を得るためには、施術者の選択、施術の継続、自身の体調や肌の状態の把握、リアルな目標設定が重要です。小顔矯正を受ける際には、これらのポイントを意識し、自身の美容の成功を目指しましょう。

最後に

美は一日にしてならず、日々のケアが重要です。

健康的な生活

小顔矯正を考える際には、健康的な生活を送ることも重要です。健康な身体や心が、美容効果を最大限に引き出す基盤となります。

まず、バランスのとれた食生活が健康的な生活の基本です。食事は栄養バランスがとれていることが重要であり、野菜や果物、たんぱく質、ビタミンなどの栄養素をバランス良く摂取しましょう。また、水分摂取も忘れずに行いましょう。水分は血液やリンパの循環を促進し、むくみを予防する効果があります。

適度な運動も健康的な生活の一環です。運動は血液やリンパの循環を活性化させ、新陳代謝を促進する効果があります。日常的な運動やストレッチ、ウォーキングなどを習慣化しましょう。また、小顔矯正に合わせて顔の筋肉を意識的に使うエクササイズも取り入れることで、より効果的な結果を得ることができます。

十分な睡眠も美容には欠かせません。睡眠不足は肌の疲労や老化を促進させ、むくみやたるみの原因になります。充分な睡眠をとることによって、肌の回復や修復が行われ、健やかな肌を保つことができます。また、ストレスの軽減やリラックス効果も睡眠によって得られます。

健康的な生活を送ることは、小顔矯正においても重要です。バランスのとれた食生活、適度な運動、十分な睡眠などを取り入れることで、小顔効果をより効果的に実感することができます。また、健康的な生活は外見だけでなく、内側からも輝きを引き出します。自身の美容目標に向けて、健康的な生活を大切にしましょう。

自分に合ったビューティー選び

小顔矯正を考える際には、自分に合ったビューティー方法を見つけることが重要です。小顔矯正は一つの手段ですが、他にもさまざまな美容方法やケア方法が存在します。

自分に合ったビューティー方法を見つけるためには、まず自身の肌質や体質、希望する効果を考慮することが大切です。肌が敏感な方には刺激の少ないケア方法やアイテムを選ぶことが適しています。また、顔や体の特定の部位に悩みを抱えている場合には、その部位に特化したケア方法を探しましょう。

さらに、自己のライフスタイルや時間の制約、予算に合わせた方法を選択することも重要です。忙しい生活を送っている方には、手軽に取り入れられる方法や短時間で効果が得られる方法を選ぶことが合理的です。また、自宅で行えるケア方法や美容器具を使用することで、手間をかけずに自身の美容ケアを行うことも可能です。

自分に合ったビューティー選びは、一時的なトレンドや他人の意見に左右されることなく、自身の理想や希望に沿って進めることが大切です。自分自身が納得し、快適に取り組むことで、継続的な美容効果を得ることができます。

小顔矯正を含めた美容方法は多岐にわたりますが、自身に合ったものを選ぶことで最大の効果を得ることができます。自分の肌や体質、ライフスタイルに合わせて、自分にとって最も効果的で実現可能なビューティー選びを行いましょう。自身の美容のスタイルを見つけ、自信と満足を得られることが目指すべきポイントです。

Nonon(ののん)

ロゴ

眼の疲れ、肩こり、姿勢の調整などに効果が期待できる瞑想シータヘッドスパとストレッチで世田谷区のお客様の身体をケアしています。脳波をシータ波状態に導いて脳を落ち着かせ、疲れをリセットします。

Nonon(ののん)

〒157-0073

東京都世田谷区砧6-3-12

サンハイツ102